2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

遠足のバスの中、車に酔った隣の女子がゲロしたときも、口で息してやり過
ごしたノーブル佐々木です。


こんなとき、3,4人はもらいゲロしてたなあ。

しかし、なんですね。
4ヶ月ぶりの更新ですよ。
不登校児が久々に学校に行く時の気持ちってこんなものだろうか。

再開のきっかけは、何人かの人からオラホのブログを読んでいると励まされ
たため。
ん〜ん、マンダム。(古っ!)
髭剃りあとをなでたい気分。
と、冒頭で感謝の辞。


■ネタ探し

この4ヶ月でオリンピックを含め話題に事欠かない様々なネタがあったが
この時期に振っても新鮮味はない上、懐かしいほど古くもない。
しかも、ねたに出来るほど憶えてもいない。
顔にしわが増えて、脳みそのしわはどんどん減っていく。
四十も終わりに近づけばこんなもんです。
だから、時の進み方も早く感じる。

映画「相棒」の中で、杉下右京(水谷豊)官房長・小野田(岸辺一徳)
回転すし店で会話するシーンがある。
そこで、小野田は、うっかり食べて空になった皿を流れの中に戻してしまう
のだが、右京は、それを手元にもどしながら言う。

「ですから、皿は戻さないように。
 ご忠告申し上げるのは、もう何度でしょうか。
 その度にあなたは忘れてしまう。」


すると、小野田は切り返す。

「忘れると言うのは、神が人に与えたもんだ。
 素敵な能力だとも思うんだけどね。」


確かに、長く生きていくほどに、嫌な記憶は累積していくので忘れた方が幸せでいられる。
心に堆積した嫌な思い出は、血管内に堆積するコレステロールのように宿主
を固く脆いものにしてしまう。
このとき、良い記憶も一緒に忘れてしまうのではないか、と思うのだが、と
ころが、そうではないらしい。

一説によると、思い出として残る嫌な記憶は、3割を超えないと言う。
(数字は間違ってるかもしれない)
そうでないと、精神の安定を保てないようにできていると言うのだ。
人の心と言うのは、傷つきやすくナイーブと言えるが、したたかな面もある
ということなのだろう。

先ほどの会話で、右京はさらに切り返す。

「その文法に則って言うのならば、忘れずに覚えておく方が、価値ある能力だと思いますがねぇ。」

ま、そうなんだよねぇ。
選択的に忘れることができれば苦労はない。


■Perfume

で、ネタを考えた時、やはり自分の中のトレンドで選択するのが無理もなく
自然に書けるだろう、と言うことでPerfumeとなる。
やっぱり、オラホ、好きなんです。
彼女たちのこと。
10代の若いころには、アイドルなんて見向きもしなかったのに。
もっとも、正しくは興味のない振りだったかもしれない。
なぜにこうも彼女たちが好きになっちゃったんだろう?
と言う事で、まとめてみた。

・一生懸命な姿に打たれ、励まされ、そして癒される!
・かわいい!
・ダンスが素敵!
・少し視点がずれてるところがキュート!
・音楽がサイコー!


こんなとこかな。

彼女たちのことをメディアでは、
「テクノポップ・ダンスユニット」
とか呼んでるようだけど、それはどうかなぁ。

今時の映画でCGをつかわない映画の方が珍しいように(?)、デジタル音
源をまったく使っていない曲を探すのも難しいくらいだ。
だいたい、アナログ音源をサンプリングした音源使えば、リスナーが、アナ
ログと区別が出来ない楽曲を作ることも可能だから、手法をそのままカテゴ
リーにする括りは、オラホ的にはしっくりこない。

だいたいテクノと言う言葉自体、死語に近いと思う。
強いてこの状態を一言で表すなら
「会わせたい人がいるなら今のうちに呼んでおきなさい語」(一言じゃないし・・・)
例えば、ヨーロッパ系のハイテンポ・テクノを「ユーロビート」と強引に定
義するなら「JPビート」くらいにしても良い様な気がする。

ま、戯言です。


■Dream Fighter

今月始めの武道館で発表された新曲。
最初聞いたときは、歌詞がなかなか聞き取れず、メロディーも高音部におた
まじゃくしが飛びまくりの感じで、今までと違う印象を受ける。
歌詞の内容も、10代の女の子のアンニュイというか、ふわふわした心象描
写とは一変し、夢に突き進む人への熱き応援歌となっている。
「Dream Fighter」(夢の戦士)というタイトルも示す通り、これは疑う余
地は、まったく無いのだが、ノッケのサビが次の一節で始まる。

「最高を求めて、終わりの無い旅をするのは、きっと僕らが生きている証拠だから・・・」

どことなく「今のままでも悪くは無いけど〜」と言いたげな歌い始め。
これって、この1年間でアイドルスターとして成長した今の彼女たちのこと
なのではないだろうか、と。
つまり、この曲は、彼女たち自身の応援歌でもあるのではないかと思えてくる。
そんな一曲。

Perfume - Dream Fighter








comment









trackback