2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

粋でいなせなスペアリブ、ノーブル佐々木です。

ふっ、半年以上もほったらかしてしまった。
ここは、作った映像あげてごまかすのがオラホの常套手段なのであった。

■YouTubeで広がった映像表現

今年(’09)の7月6日(月)に、青森で行われる美容技術選手権で、北海道東北ブロック青年部協議会によるヘアーショーが行われる予定となっている。
’04、’05、’07と来て4回目になるショーに、オラホは映像制作として噛んできた。

最初は、映像素材もなく静止画をぐるぐる動かして体裁を取っていた。
それが、Youtubeを見つけてから、明らかに映像に彩りが増した。
かのサイトが恰好の素材入手先になったからだ。

ただ、倫理的に問題がないわけではない。
了承なんて貰っていないわけだから。
指摘されたら謝るしかない。
でも、「動画共有サイト」に上げるわけだから、想定の範囲内じゃないかなぁ〜、と勝手にいい方に解釈しているわけである。

しかし、音源についてはまずい。
言い逃れの道はない。
ここは、金とって営業してるわけじゃないからゆるしてね、と言わざる得ない。

ということで、ゆるしてね。

■で、今回の映像

テーマは「美来〜美しい未来のために〜惑星」。


むう〜、会議に参加すらしていない今回、このテーマは難題だ。
テーマに行き着くディスカッションのプロセスが分からないからだ。
前回まで、環境問題を前面に出したショーで、映像も直球勝負の単純なものだった。

今回も、その例にはもれず、ベースに環境問題を絡めてるとのこと。
しかし、さらにそれをサブ・テーマの「惑星」に絡める必然性、というか糸口と言うか、が当初、全然見えてこなかった。
最終的に、OKもらったので、オラホ的にはよかったと言えるものの、どこか不安な気持ちも残る。

カレー作ったけど、豚肉でよかったん?的な不安がお分かり頂けるであろうか?
ま、この場合は、事前に聞けばいい話だけどね。

結局「生命の存在する惑星は地球だけ」と言うところを落とし所とした。
が、はたしてこれが会議での方向に則しているか、オラホにはさっぱり分からないところ。


■エンディング映像

エンディング


前回から、エンディングは笑いを取ることに決めていた。
テーマ、重いしね。
なんたってショーだから、最後は楽しく終わりたい。

もっとも、映像編集で笑いを取るって、結構センスとスキルが要る。
会場の空気も必要だろうか。
前回の宮城では良い感じだったのだが、今回はどうなる事か。

実は、この映像観てて、今回は難しいかもしれない、と感じてしまった。
やり遂げた感は、あるんだけどね。
面白い映像ができた時は、自分でも笑えたりするものなのだが、今回それがない。

神社にお参りでもするかな。

comment









trackback