2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

最近、下になることが多いノーブル佐々木です。

「日本市場に魅力なし」とは、昨夜(09.10.08)、TBS「総力報道!THE NEWS」でキャスター・竹内明(たけうち めい)氏が、東京モーターショーに海外メーカーの出展が激減したことに関して言い放った一言。
ま、映像でも上がっていれば、説明も省けるが、ないだろうな〜、これは。
仕方ないので、記憶をたどって放送を再現するしかない。

■放送概要

まず、冒頭に「東京モーターショーで異変が起こっています。」と切り出した小林アナ。
映像に、出展のモデルカーの様子が映し出されるなか、コメントは、今年の出展された車が、家庭でも充電できる、プラグイン・ハイブリット車(トヨタ)や、車幅1.1mと、普通車の3分の2しかない2人乗り電動自動車(ニッサン)、リッター30kmの低燃費を実現したガソリン車(マツダ)などを、紹介していく。
そして、今回のショーでは、海外企業が軒並み出展を見合わせており、その数は、昨年の約1500社から、なんと100数社へと激減したという
※後日の報道よると、‘1500社’と言うのは、上海モーターショーのことらしい。

そこで、映像は開催関係者のコメントに変わる。
「ヒュンダイ(韓国)から出展を見送る旨の連絡をいただきました」(みたいな感じ)
その原因は、1億円(2億だったかも)かかると言う高額な出展費用と、不況による経費捻出の困難、にあることとし、映像は、上海モーターショーに切り替わる。
そして、さらにナレーションは、売上の見込みが薄い日本は見送り、成長著しい中国市場などの有望な市場を選択せざる得ない事情がある、と解説する。
そして、スタジオに切り替わり、竹内明氏は、フリップの上張りをはがして見せながら前述の「日本市場に魅力なし」と結論する。

■本当に日本市場は魅力がないのか?

そうかぁ?
そうなのかぁ?
一瞬、「むむ〜、困ったもんだ」と思った自分が恥ずかしくなってしまったぞ。
この流れで解説されたら、普通は
「日本市場に入り込む隙間なし」
ってなるんじゃないですかぁ?
魅力がないのは、日本市場ではなく海外製品だろ、と。
逆手に取るなら、日本企業は、海外で羨望の眼差し、って事にもなる。
ま、モーターショー事態が盛り上がらないのは、海外企業のお財布が軽いせいなのは、間違いない。
それは確かだろう。
「しゃーない、売れるとこにだけ持ってこぉ〜と。」
そりゃ、そーだろうなぁ。
一般人のオラホでも、レベルの高い競合店が軒を連ねる地域より、同レベル以下の競合店のところで開業した方が、成功の確率は高いと思う。
でも、日本市場が…とか、したり顔で言われても、アホちゃうか、と飯食ってるのを忘れて全力で突っ込みたくなる。
ああ〜、ブラウン管に米粒が…。
※あ〜そうさ、どうせブラウン管さ。

■韓国車

あらためて言うことでもないが、韓国車を放送で取り上げてたので例にとるが、韓国車は、人気がない、というより相手にされてない、と言った方が的確か、申し訳ないけど。
オラホなんか、信号待ちで前にいた車が、たまたまヒュンダイ車と気がついたとき、思わず写メ撮っちゃった位。
たしかSUV系の車だったと思うけど、車内一家大盛り上り、いや、オラホだけだったか?
で、これを欲しがらないのは、日本人が悪いのか?ということ。
燃費は、日本車に劣り、馬力や装備が同クラスの日本車に劣るけど、唯一、価格だけが魅力的なんだよ〜、って言うことでしょ、ね。
それって、本体価格は安いけど、インク3回取り換えれば、本体並みのコストがかかるプリンターを買うのと同じこと。
同クラスの日本車が韓国車より、50万円高としても、10年乗れば、燃費で半分は取り戻せるし、日本では標準の装備が韓国車はオプションのことが多いので、最終的に価格差はゼロに近くなる。
それなら、フル装備に近い日本の中古車を買った方が、お得感は断然高いといえる。
もっとも、プリンターには、本体が多少高めでも、ランニングコストの安い優等生はなんかはいないから、例としてはまずかったかな。
いずれ、大多数の日本人が求めるものは、昨年のガソリン高騰とそれ以前からのエコ意識から、確実に変化してきているのは、確か。
特に車は、その象徴だ。
ハイブリット車の次を模索する日本で、ハイブリット車すら生産していない企業が日本で何を売ろうというのだろうか。

■んで、結論

「日本市場に魅力がない」ということは、言い換えれば「日本では儲からない」って言ってるわけだ。
んで、「その理由は、世界的な流れや企業努力ではなく、日本にある」と。
竹内氏の真意は、
「日本の底力を喚起するための発言」
と好意的に受け取ることもできるかもしれない。
そして、反省好きな日本人は、それを素直に受け取れるかもしれない。
でも、なんだ、その〜、何様なんだ、と。
親ライオンにでもなったつもりなのか、と。
視聴者は、みんなお馬鹿だとおもっているのか、と。
小一時間問い詰めたい気分になる。
この最後の一言がなければ、普通に聞くに堪える報道だったと思うのだが。
そうじゃなくても、1日に100人くらい自殺している人がいるというのに、良いニュースは悪く、悪いニュースはより悪く印象付けて報道するマスコミというのは、誰のために報道してるんだか、さっぱりわかりませぬ。
と言うことで結論は、

日本の自殺者が多いのは、マスコミのマイナス報道によるものである。

というあたりにしよう。
あり?そっち行っちゃたかぁ。

comment









trackback