2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

’08世界フィギュア(イエーテボリ/スウェーデン)で、浅田真央さんが優勝しはりました。
昨夜のSPでは、2位でしたから、鬼門はなんとか切抜けた格好で、予定通りの優勝といったところでしょう。
ニュースのみで、まだ映像は見てないですが、フリーではキム・ヨナ(韓国)さんが1等賞のようですから、今夜の放送はまったりと観ていましょう。

一方、男子の高橋大輔さんも金メダルがっちり、と言った大方の予想ですが、日本フィギュアスケートも強くなったものです。
彼らの年齢から言っても、今後数年間は日章旗が表彰台の上にあがり続けることでしょう。
ほんの数年前までは予想できなかった展開。
ここに至る過程において、2002年のソルトレーク冬季五輪フィギュアのペアで「審判買収疑惑」事件の後のルール改正が、大きな転機だったと思います。

そんなこんなで、ここでオラホが思うのは、今の採点方法で最盛期の伊藤みどりさんが出ていたらどうなっていただろう?と言うこと。
YouTubeで見つけた彼女の演技を見ると、今でも鳥肌が立ちます。
映像は、1988年カルガリーでの冬季オリンピックでのもの。
アメリカABC放送の解説者のコメントは、現在のフィギュアスケートの在りようを予見しているかのようです。



comment









trackback